BLOG


3日間

先日、今更ですが管理美容師の資格を取得するため講習を受けてきました。

管理美容師とは1人以上スタッフがいるお店には必ず必要になる資格です。

salon de pierceで言えば自分以外にスタッフがいる場合です。

これは未来を見据えての資格だと思っています。

弊社、株式会社oneworld が運営する

salon de pierce(プライベートサロン)

銀座 (沖縄 NY  LA)←  これは目標です。

を考えています。それぞれなぜこの場所なのか、

の答えは簡単です。「好きだから」です。

そしてもう一つ salon de pierceとは異なる

コンセプトのブランドを展開していきたいと考えておます。

その新たなブランドを展開していく為には

salon de pierce で自分を遥かに超える人材を

育成していく必要があります。

そしてそれに必要な

資格が「管理美容師」

となるわけです。

   salon de pierce

   代表 中島拓也


〜きざし〜

このニューヨークタイムズの記事は

美容師として、いえひとりの人間として

かなり熱くなりました。

改めてマスクの必要性を感じたと同時にやはり

感染拡大防止対策をする上でマスク着用での

営業は必須だと思いました。

美容業だけではなく、すべての業種に

希望の(きざし)を与えたのは間違いないと思います。

 salon de pierce

                代表 中島拓也

 

〜マスクが美容院でのコロナ感染拡大を防ぐ〜

CDC報告 🗽🗽

715 AFP】米国で美容師2人が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染してもマスク着用で仕事を続けていたが、陽性が確認されるまでの数日間に接触した顧客139人は感染を免れたことが分かった。米疾病対策センター(CDC)が14日、発表した。

 CDCは報告書で、新型ウイルスの感染拡大を遅らせる手段として社会全体で、マスクなどで顔を覆うことの重要性が強調される実例だと述べている。

 新型ウイルスに感染した美容師2人は、ミズーリ州スプリングフィールド(Springfield)の美容院に勤務していた。美容師Aさんは、512日に呼吸器症状が表れ、18日に新型ウイルスの検査を受けた。この時点で、医療機関から自主隔離するよう助言を受けたがこれを無視し、20日に陽性の結果が出るまで仕事を続けていた。

 Aさんと接触のあった美容師Bさんは515日に症状が表れたが、Aさんの陽性結果が出る同20日まで同様に仕事を続けた。2日後に、Bさんも陽性が判明した。

 美容院は消毒作業のため3日間閉鎖され、残りのスタッフも2週間隔離された。グリーン(Green)郡の保健当局は陽性の結果が出た美容師2人の接触者を追跡し、顧客計139人を特定した。

 2人の美容師は顧客と接触する際に、Aさんは二重ガーゼマスクを、Bさんは二重ガーゼマスクか不織布マスクを着用していた。だが、Aさんに症状が出てからも2人は接触し、接客をしてない時は両者ともマスクをしていなかった。

 顧客139人は全員2週間の経過観察が行われた。顧客のうち67人は当局の要請に応じ検査をしたが、陽性反応を示した人はゼロだった。また、検査を受けなかった残りの顧客へは、当局が2週間にわたりテキストメッセージで健康状態を尋ねたが、症状を報告した人はいなかった。

 顧客の年齢は2193歳で、平均52歳、性別はほぼ均等だった。また、美容師らと接触した時間は1545分で、圧倒的多数がマスクを着用していた。その大部分はガーゼマスクと不織布マスクを、約5%はN95マスクを着けていた。

 CDCは報告書で「新型ウイルスの今後の波の規模と影響を軽減するため、公共の場で顔を覆うことを義務付ける政策を広範に採用することが検討されるべきである」と結論付けている。(c)AFP


スパイス

ヘアスタイルを作る上で大切なことは

お客様との信頼関係です。

信頼関係がないとヘアスタイルは作れません。

もちろんご新規のお客様であっても信頼関係は

必須です。長年担当させて頂いているお客様に比べご新規のお客様にはご来店時に信頼関係はありません。

なのでしっかりとお客様に寄り添いカウンセリングなどさせて頂いた上で色々な提案をさせて頂きます。 

そして、それが最終的に

ヘアースタイルの(スパイス)になり、より良い

ヘアースタイルを作り上げていくことができます。

そのひとつひとつの積み重ねがお客様との信頼関係を築いていける大切なことだと思っています。

 

 salon de pierce

    代表 中島拓也

 

 

グレイヘアにあえてブリーチでハイライト

とゆう選択


Las Vegas

2019年5月のある日、ふと時間ができたので大好きな

レディーガガの映画 

「アリー/スター誕生」を見に行きました。

映画を見ている時、自分の中の何か、がどんどん大きくなっていくのを感じていました。

その、何かとは

「レディーガガの歌を生で聴きたい」

「レディーガガを生で見たい」

とゆう想いです。

そして映画が進んでいく中その想いは益々大きくなっていきました。

クライマックスまでくればもうその想いのことしか考えられませんでした。

もうこうなった僕は誰にも止められません。

映画が終わり目の前にあった喫茶店ルノアールでアイホン片手に必死に調べました。

そもそもレディーガガはLiveをやっているのか?

やっているとすればどこで?

など 片っ端から全て調べてひとつの情報を得ることができました。

それは来年5月までラスベガスでLiveをやっているとゆうこと。この情報を得た時の僕はスケジュールのこととかお金のことなんて一切考えていません。 考えているのは

「何が何でもラスベガス に行ってレディーガガのLiveに行く」っていうことだけです。

早速Liveチケットを手に入れるためにはどうすればいいかなど調べると同時に日本からラスベガスまでの往復航空券+宿泊場所などを調べました。

そして、その甲斐あって映画を見た3日後には

11月のLiveチケット+往復航空券+宿泊場所を

確保することができました。

あとは11月がくるのを待つのみです。

そ、し、て、いよいよ当日

初めてのラスベガス に圧倒されつつも無事に

レディーガガをこの目で見てこの耳で聴いてそして

この身体で感じることができました。

あの感動は一生忘れません。

ラスベガスに行ってホントによかったと思っています。

そして何より、

この経験を通して改めて思ったことがあります。

それは、時にはあと先考えずに行きたいとか、やりたいことをやったほうがいいよ!っていうことです。

なぜなら

その先に得られる感動と達成感は半端ないから!

 salon de pierce

    代表 中島拓也


〜color〜

2015年から東京市ヶ谷にある専門学校

学校法人東京ビジュアルアーツの

ヘアーメイク学科でヘアーの授業をしております。

いわゆる非常勤講師です。

生徒ひとりひとりにそれぞれ持っている色(color)があってそれぞれの夢がある。

その夢を叶えようと一瞬懸命頑張っている生徒達の姿を見ていると、夢の大切さを知ると同時に教える立場である自分の責任の重大さに身が引き締まります。 

僕にも夢があります。

そしてまだまだ夢の途中です。

中間地点までもいっていません。

だけどブレずに自分も夢に向かって必死に頑張っている姿を生徒達にみせる必要があると思っています。

いや、むしろそれが教室でやっている授業よりも

僕が1番、生徒達に伝えたいことかもしれません。

 「成功するまでやれば

          必ず

         成功するから」

 salon de pierce

    代表 中島拓也


オーダーメイドトリートメント

ぶっちぎりの持続性と補修力

反応型トリートメント

そもそも反応型トリートメントとは?

オーダーメイドトリートメントとは?

従来あるトリートメントとは何が違うのか?

など

お客様にしっかりとご説明させて頂き施術させて頂きます。

またお客様ひとりひとりの髪のお悩みに合わせて最適なトリートメントを7つの栄養素から調合し提供させて頂きます。

他のどこにもないあなただけのトリートメントがここにはあります。

salon de pierce

   代表 中島拓也